忘れられない日

感謝状.JPG
11月1日、平成19年度の富山県高岡市の市民功労賞授与式で、
本当に思いがけないことに、市民ではない私にも「特別感謝状」を
授けてくださったのです。
10月27日の高岡市の朝刊に記事が出たようで、現地の方々から早速お祝いの
お電話を頂きました。その時に記事の内容を教えて頂き初めて「感謝状」の
価値や重みを知ったような次第で、思わず武者震いをしました。
高岡市での当日の授賞式に出席し、頂いた感謝状がこれです。
そして、功労者の方々の中で光栄なことに私だけが、橘慶一郎市長に賞状を
読み上げて頂きました!ありがとうございました。
橘市長にご挨拶した時に、「犬養先生の100年祭にあたる今年に、差し上げた
かった・・・」と言って頂き、感激一入でした。
犬養万葉顕彰会の会長として、先頭に立って100年祭事業を行っております時
だけに、犬養先生の遺志を引き継ぐ「代表」として、顕彰会に感謝状を
頂いたような気がしますし、ともすれば、いま孤独になりがちな私に対する
犬養先生からの労いのご褒美のような気がして、「欝」は吹っ飛びました。
とってもとってもうれしいですし、恐縮ですし、信じられません。
高岡は犬養先生に導いて頂き、私が好きになって毎年通い、そして自慢できる
万葉のふるさとです。犬養先生が「僕はもう行けないけど、あなたたちは
行ってごらんなさい。町は万葉、万葉でいっぱいですよ!」とおっしゃる声が
聞こえてきます。それだけの私ですのに、本当にありがとうございました。
★急な旅でしたが、母と二人で出かけました。久しぶりに高岡へ行ってみたい
ということで・・・。どちらも母娘で水入らずで最後の旅になるかもしれないとも
思いながら・・・。
私の作った「高岡旅情」の場面を短時間でしたが二人で訪ねようと、
まわりました。古城の森は色づきて、つままのこずえ
秋風にゆれ、雨晴では、白波のはるけき方に雪の立山、峰連なりぬ!
だったのです。長年あり通ひ、私も初めて雪景色の立山連峰を見ました。
母との旅で、最高の思い出になりました。
折りしも新曲「眉山」を作曲中です。それも映画を意識して母娘をテーマに
製作中でした。今回のできごととタイミングのよさの巡り合わせに
不思議な気がしています。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA