DSC08071

むべなるかな

DSC08070

福江島三井楽からやってきた「むべ」の実。明日香村万葉朗唱の会の会員中田善三さんが、私の「昼下がり通信」で「むべ」に興味を持たれたそうでした。何と高岡万葉まつりツアーの3日前に行かれて、私に松本さんの家のむべをおみやげに・・・!!!
バスの中で、天智天皇の好まれたむべの実をみんなで確認することができました。
しかし、80歳を過ぎておられる中田さん、三井楽から帰宅直後、高岡参加。途中で抜けて、新潟へ・・・と恐るべき行動力です。
七枚の葉がついた枝に実るそうです。

DSC07831

人麻呂の松

DSC07832
思いがけないプレゼントが届きました。
甘樫岡に次ぐ、犬養先生の揮毫歌碑の2号碑は、島根県江津市都野津にある、柿本神社の人麻呂歌。昭和44年に建立された時は、背景に立派な「人丸の松」と言う樹齢700年の松の木がありました。松くい虫や風化で惜しまれながらとうとう「人丸の松」は伐採され、今は社務所ガラスケースに幹の一部が展示されています。
その松から「茶杓」が3本作られたという伝説?は知っていましたが、その時に一緒に作られていた「茶さじ」が私に…。まさに「お宝」!松の木そのものは、広島県の業者が買い取ったそうですが、払われた枝や残骸は地元の方が集めて今も残されているそうです。
幻の「作品」大事にします!

DSC03554

唯一の書道作品

DSC03554 まさに私のお宝となりました。 娘時代から続けた書道を子育てで終止しましたが、その時期に制作した26歳の時の最後の作品です。パネルにして実家に飾っていましたが、阪神淡路大震災で落下し、汚れてしみだらけになっい  ました。昨年の私の誕生日に母が、表具屋さんでシミ取りをし、軸にして、再び私に戻してくれました。サロンでまた見て頂く機会ができたことがうれしい(恥ずかしくもあり・・・)です。

rerere

レレレのおじさん

rerere

毎日、万葉の宮のお掃除は大変です。せっせのせ!
そうそう、この笑倉院で、心のお掃除もしなくちゃね。
せっせのせ!

(東京・青梅市赤塚不二夫会館で入手)

simg63

音声菩薩像(個人作品)

奈良新聞社の文化事業部長もされた武智功氏の作品。画家としても活躍されており、大阪・丸善で個展をされた時に「この作品」に感動して購入。私はカトリックの信者で、洗礼名は音楽の保護者の聖人セシリアの名を頂いているが、まさに日本のうたがたりの守護神に出会った気持ちでいる。ちなみに「音声菩薩」は、東大寺大仏殿前の金銅八角燈篭にすかし彫りされた天女像で国宝に指定されている。

img63

simg62

靴下なのだ!

昨年の娘からのクリプレ!
坂本ゼミ旅行で着用してみました!
思い切りファンキー!?
足裏だと思いきや、目立ちすぎ!
言葉の通り「変なおばさん」でした。
ボンボン、バカボン、バカボンボン♪

img62r

simg60

高岡漆器の時計

かつての万葉まつりの参加の記念品。
思いがけなく、サロン(TSUBAICHI)で、お披露目できました。
バブリーな記念品だったのだ!

img60

img59

万葉うたがたり会

活動20周年を迎えたとき、山寺さんが
私にプレゼントしてくれたものです。
仲間に恵まれたことが、最高の幸運
でした!!!

img59

simg58

木彫りのネコです!

ネコグッズはおまかせ!年季がはいってます。
我が家には8年ぶりに、本物のネコが登場し、またみなさまにご紹介させて頂きます。
この「やざ」な姿は、ドライな気分のネコの象徴のようで・・・。

img58

simg56

大伴家持像

越中・因幡と秋の行事は「ヤカモチ君」
「ヤカモチさん」の縁の里で朗唱の会
です。我が家にも高岡の地場産業品で
有名な「銅器」の家持像を購入しています!
「いよっ、男前!」

img56