平成芭蕉の旅語録~令和ゆかりの地 壱岐の万葉公園50周年記念イベントに想う

令和元年11月17日、長崎県壱岐市石田町の万葉公園で「開園50周年記念イベント」が開催され、新元号「令和」の典拠となった万葉集が注目される中、壱岐市の白川博一市長のご挨拶の後、犬養万葉記念館の岡本三千代館長による「万葉講話と万葉うたがたり」および大宰府万葉会による歌語りが披露されました。

犬養記念館岡本館長の万葉講話

さらに地元参加者による短歌創作コンテストも開催され、私はこのコンテストの審査員を務めさせていただきましたが、いずれも素晴らしい歌で、甲乙つけがたく難しい審査でした。

しかし私、「令和の旅人」平成芭蕉は、「万葉の旅人」岡本三千代館長と同様に犬養節で万葉集に親しんできましたので、今回のイベントにはとても感銘を受けて、東京と関西からツアーを組んで参加させていただきました。私にとって旅の最大の楽しみは旅先で出会った人と絆を作り、良き「想い出」として残すことです。

ここで注意していただきたいことは「思い出」ではなく「想い出」として残すことです。「思い」という字は、自分の「田」んぼ(フィールド)について「心」を砕くと書きますが、「想い」という字は、「相」手のことに「心」を砕くと書き、相手のことを考えるという行為を伴っているのです。

大宰府万葉会による歌語り

大宰府万葉会による歌語り

すなわち「思い出」は自分中心の記憶とすれば、「想い出」は旅先で出会った相手のことを意識した記憶で、今回は昨年の古事記講座でお世話になった壱岐観光連盟の方々や壱岐ゆかりの遣新羅使に想いを馳せました。壱岐の万葉公園には、天平8(736)年の「遣新羅使」の一員で、新羅へ向かう途上、この壱岐市石田町の印通寺付近で病死した雪連宅満(ゆきのむらじやかまろ)の死を偲んだ次の万葉歌碑が建てられているのです。

「石田(いわた)野に 宿りする君 家人のいづらと我を 問はばいかに言はむ」(石田野に眠っている雪宅麻呂君よ、我々はこれから新羅に向かい、都に帰るが、その時、君の奥さんが、私の主人はどこにいるのかと私に尋ねたら、私はなんと答えようか)

雪連宅満への挽歌の歌碑

雪連宅満への挽歌の歌碑

万葉人は歌を詠むことによって、死者への鎮魂と悲しみを尽くそうとして挽歌を詠んだのです。石田(いわた)野は現在、石田(いしだ)町と呼び、そこに石田峯という丘に小さな墓がありますが、これが遣新羅使、雪連宅満の墓と考えられています。雪連宅満が亡くなった時の挽歌はこの歌を含めて万葉集の中に9首残っていますが、その反歌としては六人部鯖麻呂(むとべのさばまろ)が詠んだとされる

「新羅へか 家にか帰る 壱岐の島 行かむたどきも 思ひかねつも」

があり、この歌は雪連宅満が亡くなったことで、一行は不安を感じてこのあと新羅に行こうか、家に戻ろうかと思い悩んだ心情が歌われています。

遣新羅使が眠る石田野

遣新羅使が眠る石田野

壱岐出身の遣新羅使 雪連宅満(ゆきのむらじやかまろ)

雪連宅満の先祖は、壱岐出身の占い師であり、朝廷の信任の厚かった押見宿禰(おしみのすくね)で、壱岐にある「月読神社」を京都の松尾大社に分霊した人です。

その縁もあって、雪連宅満は松尾大社の宮主(みやじ)として月読命を祀り、壱岐の島司も兼ねて神祇官として出仕し、卜占(ぼくせん)を行っていたのです。

すなわち、彼は航海途上で亀ト(きぼく)という、亀の甲を焼いて吉凶を占う卜部(うらべ)として乗船していました。

当時、卜部は、安全な航海をする上で、欠くことのできない存在でしたので、彼の死は一行にとって本当にショックであり、その先不安を抱いたのも当然です。

亀卜に使われた亀甲

亀卜に使われた亀甲

日本からの遣新羅使は数回に及んでいますが、この雪連宅満が同行した天平8年の遣新羅使一行は、阿倍継麻呂を大使として大阪の難波津を出港した後、瀬戸内海で悪天候や潮の満ち干に恵まれず、「佐婆(さば)の海」と呼ばれた山口県の周防灘(すおうなだ)では遭難して豊前の中津に漂着しています。

それから博多に向かいましたが、博多に到着した時には七夕(新暦では8月17日)を迎えていました。

博多を出発した後も玄界灘が荒れて難航し、糸島半島の周囲をまわりこむように唐津湾まで避難して、苦労を重ねた末、壱岐島に着いたのは旧暦で8月中旬頃と言われています。

本来ならば秋には帰ってくる予定が、秋になってもまだ壱岐周辺をうろうろしていたことになります。

そして対馬に着いた時にはすでに紅葉が始まっており、ここでも天候に恵まれず南岸の浅茅浦、北側の竹敷浦で一週間以上、日和待ちをして苦労の末、新羅へ到着しました。

しかし、外交使節としての待遇は受けられず、何の役も果たせずに帰って来ました。そのため、往路では140首詠まれていますが、復路は5首しか詠まれていません。

新羅が予告なしに国名を王城国と変えたのを無礼と考えた日本が、前年に新羅から日本に来た使者を追い返した報復だったのでしょう。

まさしく苦難の旅で大使の阿部継麻呂も復路の対馬で疫病にかかって客死、副使の大伴三中も病気にかかり、帰国後には都に疫病がはやるという祟られた旅だったのです。

遣新羅使人と防人の万葉歌がたり

大宰府万葉会による「遣新羅使人」の悲別の歌語りで紹介された歌からは望郷の思いが伝わってきましたが、船は前へ前へですが、一行の心は後ろへ後ろへと引かれていた思いが感じられました。今日、万葉公園の眼下には玄界灘や遣新羅使一行が入港した印通寺港、雪連宅満の墓地のある石田野の丘、弥生時代の環濠集落跡である原の辻遺跡などが展望できます。

弥生時代の原の辻遺跡

弥生時代の原の辻遺跡

しかし、この丘から玄界灘を眺めると、壱岐に着いた彼らは「新羅まで行きたくないが、苦労して渡ってきた玄界灘を戻るのも大変だ」と悩んだことでしょう。

犬養孝先生はその著書『万葉の人びと』の中で、「自分が歌人だという意識が全くない遣新羅使人の歌は、わが日本の歌の伝統として大切です」と記していらっしゃいましたが、私も今回のイベントでそのことがよく理解できました。この万葉公園開園50周年記念イベントに参加した心境は、まさしく歌詠みコンテストで最優秀賞を受賞された郷ノ浦町の柳澤幸子さんの歌

「秋風の さやかな中に たたずみて 古しのぶ 万葉の丘」

そのものでした。

しかし、国境の島、壱峻島に来て心打たれる歌は、やはり外国の来襲に備え、九州沿岸で防備、農耕にあたった「防人」の妻子との別れ難い感情や家族を思いやる気持ちを詠んだ歌です。

「万葉の旅人」岡本三千代館長の歌がたり「筑紫に遣はさるる諸国の防人が歌 父母草」は、平成芭蕉にとって「時の流れの忘れ物」として記憶に残りました。

犬養記念館の岡本館長と平成芭蕉

犬養記念館の岡本館長と平成芭蕉

『父母草』

時々の 花は咲けども 何すれそ 母とふ花の 咲き出来ずけむ

橘の 美袁利の里に 父を置きて 道の長道は 行きかてぬかも

父母が 頭掻き撫で 幸くあれて 言ひし言葉ぜ 忘れかねつる

父母も 花にもがもや 草枕 旅は行くとも 捧ごて行かむ

父母が 殿の後の 百代草 百代いでませ 我が来るまで

(四季おりおりの花は咲くのに なんでまあ母という花は咲きださなかったのかなあ

橘の美袁利の里に父を残して長い旅路は行きにくいことよ

父母が頭を撫でで、達者でいろやと言った言葉が忘れられないよ

父母が花ででもあればよいのに。草枕の旅をしていても捧げ持っていこうに

父ちゃん母ちゃんの住いの「ももよ草」の名のように百代もお達者で、私が帰ってくるまで)

この実りの島壱岐での万葉イベントを通じて、『万葉集』の巻15の「遣新羅使人の歌」の理解と令和ゆかりの「国境の島」壱岐に対する関心が深まることを祈念します。

 

 

さくらに感謝💛

コロナウイルスの今年は、「桜花」は憩い、癒し、慰め、励ましの花となりました。何年かたってから、「あの時の思い」として瞼に焼き付く今年の桜です。
わざわざお花見をしなくても移動したり、車窓から見る光景だけでも思わずうっとりと見とれるほどの素晴らしい桜花でした。年初から温暖な気候で開花時期も通常より早く、実際の見ごろも早いのではないかと心配されていましたが、雨風の機会も少なく、子供たちの入学式にも間に合い、いよいよ花吹雪が舞い始めるころとなりました。日本人の心がすさぶ中で唯一心が温まる神様からの贈り物だったように思います。
さくらには神が宿るとも言われますが、その魅力は「魔物」のように自粛規制の中、人々を呼び集めてしまい、皮肉な結果でもありました。
私は交野万葉学級という講座で講師をさせて頂いておりますが、きっかけは交野市私部西を流れる天野川にかかる逢合橋のたもとに建立された万葉歌碑がご縁です。揮毫をさせて頂き、2011年7月6日に除幕されました。以来、歌碑は私の分身として犬養先生の全国の万葉歌碑がそうであるようにように、「交野ケ原」が万葉故地として発信され、故地を守るシンボルでありたいと、私にとっても特別な場所となりました。七夕の時期にはイベントがここから始まりますので、開会式にはできるだけ参加をさせて頂いていますが、やはり年間この場所を訪れるのは限られます。歌碑建立にご尽力頂いた毛利さんは、これまでも季節に応じて様子を知らせて下さったり、草をひいたりごみを拾ってくださったり、見えないお世話をしてくださっていました。数日前、いつものように「逢合橋の歌碑と満開の桜です」と写真を送ってくださいました。日々の狭い視野の中で「そうだ、逢合橋の歌碑の桜も精一杯咲いて、橋を通る人たちの心を和らげているのだ」ということに気づき、毛利さんへの感謝と、桜の様子に涙が出そうになりました。大きく成長した素晴らしい桜の姿!
(歌碑建立の翌年の桜の写真がありました。こんなに成長していました。)

兵庫県、大阪府に緊急事態宣言が出ましたが、車で親元へ移動している日常ですので、いてもたってもいられなくなり、昨日足を延ばしました。
桜は散り始めましたが、花吹雪と桜のじゅうたんに趣を変え、私を待っていてくれました。今年もありがとうね。帰宅したころにはスーパームーンの月。
今年の七夕の頃には穏やかに夜空を見上げる時がきますように・・・。心から願っています。

犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて・・・その4

立ちて思ひ 居てもそ念ふ くれなゐの 赤裳裾引き 去にし姿を
(巻11の2550/作者未詳)

4qn03c0b阪神淡路大震災から早くも20年を経た2015年。震災のあった1995年1月17日の翌日に明日香村で除幕式の行われた万葉歌碑がこれである。当時のふれこみでは100基目という記念すべき節目の歌碑と言うことだったが、後に104期目であることがわかった。

除幕式は予定どおり現地で行われることを確認された山内英正さんが、地震でご自宅が全壊し、放心状態でいらっしゃった犬養先生のもとに背広姿で現れた。ちょうど先生の安否を確認に来ていた私と出くわし、反対する私と家人を押し切って、しぶる犬養先生を連れ出し、除幕式に出かけられたが、除幕式は終わったあとだった。あとの祝賀会には間に合われて、無事を祝し大歓迎を受けられたが、あとで先生に伺うと、当日のことは全く記憶に残っておられなかった。

高松塚の壁画ではないが、女人像を思わせる赤い裳裾姿の娘子への思いを詠ったこの万葉歌。タイミングよく、つい先日「万葉のあかり」で地元の活性化に尽力しておられる岡大字の方から、犬養万葉記念館に提供して頂いた立派な万葉灯篭に書かれていた歌が偶然この歌だった。灯篭を見ながら、20年前のあの日のことを思い出さずにはいられない。

 

犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて・・・その3

倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭し麗し
(古事記歌謡 30)

DSCF3521犬養先生の歌碑で、唯一の古事記歌謡の碑がある。山内英正氏によると、犬養先生がご自宅で、興に乗られたときに「古事記の歌も書いてみよう」と書かれたたった1枚の色紙で、山内さんが持っておられたようだ。それが歌碑となったことは、本当に貴重な1枚であった。奈良・春日大社の境内の貴賓館の近くで、駐車場からすぐなのでわかりやすい場所にある。

歌碑の建立者は茨城県の万葉東歌研究会の大木昇さんで、春日大社の花山院宮司と親しかったことで、古事記編纂1300年の直前の平成23年12月に建立が実現した。地元茨城県産の白御影糠目石の碑で、現地から運び込まれ、奉納された。

当日現地に行ってみると、「歌碑」がすでにお目見えしていて、ご招待を受けた私たちは、本殿で奉告祭に与り、その後歌碑の前に移動して、除幕式ならぬ、紙ふぶき?をまく清祓式のみで、通常の除幕式ではなかったことが、とても印象に残っている。記紀万葉プロジェクトの続く奈良にあって、タイムリーなことに、犬養先生の揮毫書による「古事記碑」ができたことに、私は犬養先生の強運を再び思い知らされたようだった。先生すごい!

除幕式記念写真

犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて・・・その2

旅人の 宿りせむ野に 霜降らば 我が子羽ぐくめ 天の鶴群
(巻9-1791)

除幕式記念写真

山内英正さんと富田敏子さんと除幕式記念写真

この歌碑は、平成23年6月に大阪府堺市堺区大浜公園に建てられた、遣唐使の一行の男子の母が、子の無事を願う思いやりのあふれた秀歌であるが、犬養先生の 歌碑としては、1号歌碑(甘樫岡)が昭和42年に建立されてから、45年以上の月日を経た今日、なんと141番目として建立された犬養先生の最新の万葉歌碑である。 万葉ファンの想いは篤く、犬養先生が亡くなられてから後も20基ほどの歌碑が建てられた。まさに万葉故地を愛された犬養先生の魂が留まるシンボルとしての意味もあるだろうが、いついつまでも犬養先生に見守っていてほしいという願いも込められているように思う。

建立地がユニークで、日本一低い山と言われる大浜公園内の蘇鉄山(6.96m)の頂に建立された。山麓には南海地震の記念碑「擁護璽」がある。大阪にゆかりある歌として、難波津から出航した遣唐使の歌が選ばれたが、犬養先生の揮毫の歌碑にこだわられた堺万葉歌碑の会の沢田冨美子さんが奔走され、文字は色紙から起こされた。私はサロンTSUBAICHIからバスを準備し、仲間を募って除幕式に参加して頂き、にぎわいの中で新碑の誕生を祝った。 これで、堺には大山公園と、浜寺公園と、大浜公園と歌碑が3基になった。

kiku

犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて・・・その1

采女の 袖吹き返す 明日香風 都を遠み いたづらに吹く
巻1-51(志貴皇子)

甘樫丘万葉歌碑

甘樫丘万葉歌碑

犬養孝先生揮毫による万葉歌碑は、最新では2011年6月5日の堺市堺区大浜公園の蘇鉄山の頂に建立除幕され、1967年11月12日に第1基目の歌碑が建立されてから、のべ141基となった。記念すべき第1号歌碑は、「文学博士犬養孝先生の還暦を祝し永く先生の万葉への情熱をたたへ、併せて先生ご指導の大阪大学万葉旅行100回を記念し、全国の教え子ら相寄りてここ万葉のふるさとにこれを建つ」と裏面に刻まれているこの歌碑だ。私が犬養万葉顕彰会の会長時の2007年、犬養先生の生誕100年の記念事業として、懸案であった歌碑の解説版(副碑)を設置し、その時の記念絵葉書がこれである。

都が飛鳥から藤原京に遷って後の、古都飛鳥の廃墟を吹きぬける風の音に、志貴皇子は旧都にたたずみ、美しい采女の幻想を抱きながら古京を追想した。「明日香風」とは明日香の里を吹き抜ける風のこと。歌碑建立を固辞し続けた犬養先生にとってこの歌碑は、明日香村周辺にも開発の波が押し寄せ、乱開発の防波堤になるならばと決心され、教え子の熱意と共に、明日香村の甘樫丘中腹に建てられた。明日香をこよなく愛された犬養先生が最初に選び、書かれた歌であることに私たちは犬養先生の心情を思い遣る。この日のために横浜一中での教え子、黛敏郎氏が「犬養先生還暦記念のために捧げる萬葉歌碑のうた」を作られ、学生たちによって披露された。今では明日香村万葉朗唱の会の方々によって歌い継がれている。もちろん私も「明日香風」という題で作曲し、CDにも収録しているが、まさに明日香を象徴するかのような「曲」となった。

kiku