まる8

丸本池鶴さん

まる3 TSUBAICHIを開店してから出会った「お客様」ですが、キャリアと言い、センスといい、そしてお近くにお住いでこんなに素敵な方ともお親しくなれてうれしいことです。丸本さんは、入江泰吉写真展に来て下さり、2回目の入江展ではまるでお名刺代わりに、アレンジフラワーをプレゼントしてくださいました。その時にご本人のライフワークを知りました。このたびの展覧会のご案内は、「花と共に45年」という個展ですが、これが最終回の発表会ということでした。ご案内を頂き、1日だけの「展覧会」でしたので、ぜひにと出かけました。ロイヤルホテルの会場の1室は、展示だけではなく丸本さんのお弟子さんや来客でたいへんにぎわっていました。その中でお目にかかれて光栄でした。 「器」にもこだわりを持っておられますが、私がもっとも好きだったピンクの濃淡の風合いのアレンジメントのためのクリスタルの器だけを今回は購入しただけ…とおっしゃいました。あとは長年の身近な器を使用されたそうです。 お花も器や、見せ方でこんなにも表情が違うものなのですね。感心しました。

まる1

額に入ったブリザーブドフラワーは、立体感のある絵画でした。

まる2

落ち着いた大小の和皿も品が良くて落ち着いていい感じです。

まる5

この花の存在感、月下美人だそうです。それも食用とか???

まる4

お花の色合いと器を支える演出がユニークでした。

まる7

わずかなご挨拶の時「本当はTSUBAICHIでやろうかと迷ったの。またサロンのご案内もくださいね」と言ってくださいました。お世辞でもありがたい言葉です。 展覧会に伺ってみて、あらためて今日までフラワーデザインの第1人者として精進してこられた輝かしい経歴に敬服いたしました。今後ともよいお付き合いを続けていきたいものです。 贅沢な時間をありがとうございました。