私と犬養孝先生

私の敬愛する、犬養孝先生のお部屋へようこそ。
犬養孝揮毫の万葉歌碑を、犬養節とともにお楽しみください。

犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて

h6ey7hgw

犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて・・・その4

立ちて思ひ 居てもそ念ふ くれなゐの 赤裳裾引き 去にし姿を
(巻11の2550/作者未詳)

4qn03c0b阪神淡路大震災から早くも20年を経た2015年。震災のあった1995年1月17日の翌日に明日香村で除幕式の行われた万葉歌碑がこれである。当時のふれこみでは100基目という記念すべき節目の歌碑と言うことだったが、後に104期目であることがわかった。

除幕式は予定どおり現地で行われることを確認された山内英正さんが、地震でご自宅が全壊し、放心状態でいらっしゃった犬養先生のもとに背広姿で現れた。ちょうど先生の安否を確認に来ていた私と出くわし、反対する私と家人を押し切って、しぶる犬養先生を連れ出し、除幕式に出かけられたが、除幕式は終わったあとだった。あとの祝賀会には間に合われて、無事を祝し大歓迎を受けられたが、あとで先生に伺うと、当日のことは全く記憶に残っておられなかった。

高松塚の壁画ではないが、女人像を思わせる赤い裳裾姿の娘子への思いを詠ったこの万葉歌。タイミングよく、つい先日「万葉のあかり」で地元の活性化に尽力しておられる岡大字の方から、犬養万葉記念館に提供して頂いた立派な万葉灯篭に書かれていた歌が偶然この歌だった。灯篭を見ながら、20年前のあの日のことを思い出さずにはいられない。

日本全国に建てられた犬養孝先生揮毫の万葉歌碑を、「犬養孝先生の万葉歌碑を訪ねて」の掲載と合わせて、順次ご紹介しています。

犬養孝先生

万葉歌碑についてのブログ